普段何気なくつけているブラジャーについて、自分の胸の大きさ、形に合ったものを選び、正しいつけ方をするだけでバストアップすることが可能になります。

肩ひもを先に通します。

上半身を前に90度倒した状態で、アンダーに合わすようにホックをとめます。

ブラジャーの中に背中の方から贅肉を寄せて入れるようにしましょう。

背中、脇のラインが一直線になるようにブラジャーをつけて、肩ひもが肩からずれないようにしてください。


ブラジャーを選ぶ方法については、サイズはもちろんのこと自分の目的に合ったものを選ぶようにすることがポイントです。

ブラジャーはカップのデザインが3種類に分かれます。

フルカップのもの、4分の3カップのもの、ハーフカップのものです。

バストの大きい人、大きくて垂れている人はフルカップがいいと思います。

バスト全体を包むことができてバストをきれいな形にすることができます。

カップの小さいものを選ぶと、バストを支えきれずに形が崩れてしまいます。

加齢によるバストのハリのなさ、授乳後垂れてしまった人もフルカップがいいと思います。

バストが比較的小さくて、ボリュームを持たせたい人は4分の3カップのもの、ハーフカップのものがいいと思います。


ブラジャーのサイズ、カップのデザインについて正しいものを選ぶことによって、バストの印象は大きく変わります。

自分のバストを実際よりも大きく見せることのできる方法の1つです。

自分のバストのサイズ、形、目的からブラジャーを選ぶようにすることでバストアップができます。